Navigation

独大使夫人、外相に謝罪

「アルプスのカウガール」と題したものなどトーマス・ボーラー駐独スイス大使のショーン・フィールディング夫人(31)の写真数点が独の雑誌「Max」に掲載された件で、フィールディングさんはジョセフ・ダイス外相に謝罪した。

このコンテンツは 2001/05/07 07:11

先週発売の「Max」誌は、元ミス・テキサスのフィールディングさんがタックトップで拳銃を手に「アルプスのカウガール」ポーズを決めたもの、赤いミニスカートでベルリンのスイス大使館の屋根の上のスイス国旗の傍らに立っているもの、大使館のロビーで「シンデレラ」ポーズを取る写真などを掲載した。連邦外務省は、これらの写真が取られた経緯などの説明をボーラー大使に求めていたが、フィールディングさんは自分の写真が騒動を引き起こしスイスの恥となってしまったことを後悔していると、ジョセフ・ダイス外相に謝罪した。また、11日に行われる在ベルリン・スイス大使館公式開会式展への出席は、これ以上マスコミの注目を集めないため自粛すると申し出た。

当初フィールディングさんは同誌のインタビューに対し、写真は芸術的でみだらなものではない、また、大使としての夫の立場と自身の活動には何ら矛盾がないとし「私はスイス政府から給料をもらっていない。私は単に大使の妻にすぎず、私には私の人垂ェある。」と語っていた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。