ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

米司法当局、ボロディン氏釈放拒否

資金洗浄容疑でスイス司法当局が国際手配し米国で身柄拘束されたパヴェル・ボロディン前露大統領府総務部長は、駐米ロシア大使の釈放の申し入れを米当局が拒否、拘留が続いている。

ユーリ・ウシャコフ駐米ロシア大使はボロディン氏は釈放後必ず自主的にスイスに行く事を確約し釈放を要請したが、米連邦裁判事は拒否した。連邦裁判事は「ボロディン氏釈放は『特別な事態』のみ可能だが、現実には不可能だ。が、ボロディン氏の弁護団に釈放を求める新たな申請書を提出することを許可した。」と言う。

審問の後でウシャコフ大使は「我々の要請は拒否されたが、裁判所は再考に合意しており、可能性が絶たれたとは思っていない。」と語った。

ボロディン前総務部長は、クレムリンの改築工事落札の見返りとしてティチーノ州の建設会社マベテックスとメルカタの2社から賄賂を受け取った容疑でスイスが国際逮捕状を出していた。また、ボロディン氏が受け取った金の一部は、スイスのボロディン氏名義の口座を通して洗浄されたと見られる。

事件を担当するベルナルド・ベルトッサ・ジュネーブ州検事は25日、捜査をボロディン氏の行動にも拡大したと述べた。スイスは今後40日から60日の間に公式にボロディン氏の身柄引き渡し要求をする。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×