ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

貿易関係 ドイツ経済不振、スイスへの影響は?

factory worker
(Keystone / Gaetan Bally)

スイス経済は昔から、欧州最大の経済国・ドイツの景気に大きな影響を受けてきた。現在のドイツ経済の停滞は、スイスにどのような影響をもたらすのか?

先月14日発表されたドイツの4~6月期実質国内総生産(GDP)は前期比0.1%減。3四半期ぶりにマイナスに転じた。

ドイツの景気停滞はスイスにどんな影響をもたらすのか?スイスからの輸出額のうち、47%は欧州向け他のサイトへだ。うち15%は対ドイツが占める。

exports by region

Swiss exports by region

スイスは比較的小さい開放経済国家だ。貿易相手国の景気に大きく左右される。

スイス連邦工科大学チューリヒ校景気調査機関(KOF)のエコノミスト、イングヴィ・アブラハムセン氏他のサイトへは「今日、バリューチェーン(価値の連鎖)は国際的に強く絡みあっており、スイス経済は輸出入ともに国外に依存している」と話す。「昔から近隣国はスイスにとって重要な国で、ドイツは最大の貿易相手国だ」

ドイツの重要性は低下

スイスの2018年の対独輸出額は440億フラン(約4兆7千億円)と、2000年の280億フランから増加。年率で2.5%増えている計算だ。

だが相対的にはドイツ経済の持つ重みは下がっている。対独輸出のシェアは、1995年は24%あったが、2011年には20%まで低下した。その後もシェアは低迷している。

Grafik Ausfuhren Schweiz Deutschland

Grafik: Die Ausfuhren der Schweiz nach Deutschland nehmen anteilig immer mehr ab

スイス連邦経済省管轄局(SECO)は、スイスの輸出額の伸びはグローバリゼーションを反映すると説明する。新興国市場が育ち、スイスにとってアジアなどの重要性が高まっている。これに伴って近隣国の貿易は相対的に重みが下がりつつある。

業種による違い

ドイツ経済がスイスにとって重要なのは今でも変わらない。だがドイツ経済が弱ったとき、スイスはどのくらい影響を受けるのだろうか?アブラハムセン氏は業種や企業によって異なると解説する。

産業

国際政治におけるスイスの影響力はわずかだが貿易国としては中位にランクされている。 2010年国際通貨基金(IMF)はスイス経済を世界第19位にランクした。スイスの同年の国内総生産(GDP)は約4870億4800万フラン(約44兆2000億円)。 ...

基本的に、ドイツ企業1社に依存するスイス企業はいない。1つの市場で需要が減退しても影響はほとんどない。

アブラハムセン氏によると、機械、電機、工学産業は特にドイツ経済への依存度が高い。多くのスイス企業がドイツに部品などを輸出するが、研究開発を通して2国は相互に強く影響し合う。自動車産業だけでもスイスのサプライヤーは3万4千人を雇用し、生産高は190億フランにのぼる。化学産業もドイツへの依存度が高い。

依存度の低い業種

時計や製薬業界では様相が異なる。ドイツも重要な輸出先ではあるが、需要は国の経済状況にさほど左右されない。金融業界もドイツ経済との連動性は薄い。


(独語からの翻訳・ムートゥ朋子)

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。