ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

金融政策 スイス中銀、マイナス金利の免除を拡大 追加緩和は見送り

The SNB

英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を前に追加緩和を見送ったスイス国立銀行(SNB)。政策に余力を残しているようにも見える

(Keystone)

スイス国立銀行(中央銀行、SNB)は19日の理事会で、政策金利と預金金利をマイナス0.75%に据え置くことを決めた。一方で収益悪化にあえぐ民間銀行の批判を受け、マイナス金利の免除範囲を広げた。

SNBは理事会後の声明他のサイトへで「世界の低金利環はさらに定着し、しばらく続く可能性がある」と述べた。現在、法定準備金額の20倍まではマイナス金利を免除しているが、11月1日から25倍に引き上げることも発表した。免除範囲は今後、毎月見直す方針だ。

金融業界は長引く低・マイナス金利政策で収益性が悪化し、不満が高まっている。スイス銀行協会のヘルベルト・シャイト会長はSNB理事会に先立つ12日、経済に「大規模な構造的損害を及ぼしている」と述べ、早期正常化への期待を示していた。

SNBはフランの過大評価が続いているとして、必要に応じて為替介入を続ける姿勢を改めて強調した。

成長率とインフレ率見通しも大幅に引き下げた。2019年の成長率を1.5%から0.5%に引き下げ。インフレ率は2020年は横ばい、21年に0.6%になるとの見通しだ。

米欧は緩和拡大

先週来、主要銀行の金融緩和が相次いだ。欧州中央銀行(ECB)が12日に新しい緩和策を発表し、18日には米連邦準備制度理事会(FRB)が今年2回目の利下げを決めた。

一方、日銀は19日に金融緩和を維持。ノルウェーは逆に利上げした。

米中貿易戦争で世界経済に先行き不安が高まり、スイスにも製造業を中心に景気減退感が出ている。フラン高が根強く、中銀はフラン売り介入を実施しているとみられる

10月には英国が欧州連合(EU)と合意ないまま離脱する可能性があり、そうなれば安全通貨とされるスイスフランはさらに上昇しそうだ。SNBは英国が離脱を決めた2016年の国民投票直後も、大きく為替介入に動いた。


Bloomberg/ts

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。