スイスの視点を10言語で

スイス数都市で婦人マーチ

14日首都ベルンなどスイスの数都市で、女性の権利を主張する世界婦人マーチが行われる。

14日首都ベルンなどスイスの数都市で、女性の権利を主張する世界婦人マーチが行われる。

行進だけではない。スイスでは、女性の社会的な地位と立場向上をはかる、一連の発議が議会に提出されている。最も注目を集めているのは、社会民主党のルス・ヴェルモット=マンゴールド国議会議員の家庭内暴力の被害者救済計画案だ。ヴェルモット=マンゴールド議員の案は、女性と子どもが家庭内暴力の被害を受けた場合、被害者は家に残り、加害者が家を強制的に出されるというものだ。加害者は、最低10日間は、家に帰ってはいけない。現行法では、被害者が家を出るよう求められている。ヴェルモット=マンゴールド議員によると、隣国オーストリアでは、1年半前から同様の法が施行されている。スイスの女性の20%は、家庭内暴力の犠牲者だという。

また、労働条件の改善も重要な要求の一つだ。特に女性アーティストは、男性の同業者とくらべ、仕事の機会に圧倒的に恵まれていないと、ヴェルモット=マンゴールド議員は言う。

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部