スイスで空中大車輪の世界記録更新

空中大車輪で世界記録更新に挑むノック氏、2018年9月1日撮影 © KEYSTONE / URS FLUEELER

スイス人スタントマンのフレディ・ノック氏(53)は2日、空中大車輪「ウィール・オブ・デス」で自身が持つ世界記録を更新した。スイス通信が報じた。

このコンテンツは 2018/09/03 14:15
Keystone-SDA/ds

世界新記録への挑戦は、アールガウ州ゾーフィンゲンのスポーツイベントで約100人が見守るなか行われた。直径2・4メートルの輪を両端に持つ大車輪の内側に乗り込んで歩き、25時間で自らの世界最長記録を更新した。

イベント運営者がフェイスブック上で配信したインタビューでノック氏は、挑戦中に3回やめようと思った場面があったと話し、「(記録への挑戦は)これが最後」と語った。

この空中大車輪は、日本ではサーカスの公演などで使われる。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する