Navigation

スイス、2022年までに電気自動車(EV)比率を15%に

スイス連邦政府によると、スイスは既に公共・民営の駐車場で全国どこでも電気自動車を充電できるようになっている Keystone

スイス連邦政府は国内での電気自動車(EV)の登録車数比率を、現在の2.7%から2022年までに15%に引き上げることを目指している。28日にはEV普及策を練るため、関連業界との議論を始めた。

このコンテンツは 2018/05/30 11:30
SDA-ATS/ln

連邦環境・交通・エネルギー・通信省(DETEC)は、近隣諸国で採用されているようなEV購入への補助金は検討しない方針だ。

一方、減税など今もある促進策は今後も維持する。充電インフラの整備も支援を続ける。

スイスエネルギー計画他のサイトへ」では、地方自治体や市民への啓発運動にも拠出する予定だ。

既にEVの普及に取り組んでいる州や地方自治体も少なくない。連邦政府によると、既にスイス全土の公共・民営駐車場で充電することができる。様々な民間の取り組みも現在進行中だ。


この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。