スイスの高速道、電気自動車の充電スタンド拡充へ

スイス国内には現在、24カ所のサービスエリアに電気自動車の充電スタンドがある Keystone

スイス国内の高速道路サービスエリアに電気自動車の充電スタンドが拡充されることになった。連邦運輸省道路局が決定した。 

このコンテンツは 2018/09/12 10:02
swissinfo.ch/mga

電気自動車の充電スタンドは、自動車メーカーが設置・運営している。設置許可は個々のサービスエリアごとではなく、20カ所のサービスエリアを一まとめにした計5件のパッケージとし、民間企業が入札できる。使用する電気は国内で生産された再生可能エネルギーに限る。充電スタンドは最も一般的な3種類のアダプターに対応したプラグを搭載し、利用者が事前登録やメンバーズカードなしでも支払いができるようにしなければならない。

スイス連邦政府は事業費として約50万フラン(約5500万円)を拠出。事業費は、充電スタンドの設置・運営許可を得た企業から払い戻される。

スイスでは、連邦政府が小規模サービスエリア(車数台分の駐車場とトイレを備えたもの)を管理し、高速道路上の大型ガソリンスタンド施設は州が管轄している。

連邦運輸省道路局によると、のべ1800キロメートルに及ぶ国道には現在、計159カ所のサービスエリアがある。今年3月末時点で、電気自動車の充電スタンドが設けられた大型ガソリンスタンドは24カ所あり、設置予定だったものは14カ所だった。

入札を希望する民間企業は設置許可を受けてから1年以内に施設を稼動させなければならない。このため、今回の施策で設置される充電スタンドの第1号がお目見えするのは2019年末以降となりそうだ。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する