スイス・ローザンヌでシリア内戦の打開策を探る外相会合

ローザンヌのホテルで行われたシリア和平協議の直後、アメリカのケリー国務長官(中央)とサウジアラビアのアデル・アル・ジュベイル外相(左)、そしてヨルダンのナーセル・ジュデ外相が話しを続ける Reuters

シリア情勢を巡ってローザンヌで開催された外相会合で15日、シリア北部のアレッポでの停戦、テロ組織の掃討、人道支援などについて4時間半にわたり協議が行われた。

このコンテンツは 2016/10/17 14:45

外相会合にはアメリカのケリー国務長官とロシアのラブロフ外務大臣に加え、トルコ、サウジアラビア、イラン、エジプト、カタール、イラク、ヨルダンの外務大臣と、国連のシリア特使デミストゥラ氏が出席した。

会合の傍らでは、会合に参加した外相らが停戦を模索し、深刻化する人道支援のための打開策を見出そうと、個別に意見交換を行った。

具体的な議論の内容は明らかにされず、停戦への合意もなかったが、協議された「新たな考え」を今後も継続して議論するとケリー米国務長官は記者団に対して話した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する