Navigation

拠点クオリティ ツーク州とチューリヒ州がトップ

経済の中枢チューリヒ西区では、建築工事が目立つ Keystone

企業にとってスイスで最も魅力的な州は、昨年と同じくツーク州とチューリヒ州。3位と4位には新たにアールガウ州とニトヴァルデン準州が入った。

このコンテンツは 2010/04/21 09:01

昨年3位だったバーゼル・シュタット準州は5位に格下げ。これは4月20日にスイスの第2大手銀行「クレディ・スイス ( Credit Suisse ) 」が発表した「拠点クオリティ指標 ( Locational Quality Indicator ) 」の結果だ。

基本は税政策

押しも押されぬトップを固守しているのはツーク州。スイス経済の中心的役割を担っているチューリヒ州にも数多くの利点がある。

今年躍進したのはアールガウ州だ。昨年は平均的なポジションに甘んじていたが、法人税を軽減する一貫した戦略で4位のニトヴァルデン準州に差をつけた。

一方、下位には変化が見られず、昨年同様、ヴァレー/ヴァリス、ヌシャテル、ジュラの各州がランクの最後を占めた。

今回の調査に関し、クレディ・スイスは
「拠点開発の中心的要素、および最も簡単に影響を与える要素は税政策。2009年はほとんどの州が法人税を軽減した」
と記している。

数字で測ることができる主な要素は、個人や法人の税負担、住民の一般的な教育状況、トップクラスの専門家の有無、交通の便など。風景の美しさや公共サービスの質は考慮外に据えられた。

swissinfo.ch、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。