スイスの視点を10言語で

世界初の仮想通貨銀行がスイスで営業開始

SEBA building
SEBAは「クリプト・バレー(暗号の谷)」と呼ばれるツーク州に本社を置く SEBA

世界初の仮想通貨銀行SEBAが12日、スイスのツーク州で開業した。年末までに3ケタの国内口座の開設を狙い、世界展開と1億フラン(約110億円)の資金調達を目標にする。

スイス連邦金融市場監督局(FINMA)は8月、ブロックチェーンを活用したデジタル資産を扱うSEBAとSygnumに銀行免許を与えた。追加の営業基準を満たし、SEBAが公式に営業を始めた。

SEBAのグイド・ビューラー最高経営責任者(CEO)は多数の「強い関心」が寄せられていることから、数週間で数百口座が開設される見込みだと話す。関心を寄せるのは仮想通貨トレーダーに限らない。ビューラー氏は12日、「既存銀行の代替的なサービスを探している人が多いのに驚いた」と記者団に語った。マイナス金利政策を背景に運用益が下がり、他の投資先を探さざるを得ない人々がいるという。

来年上半期には、これまで民間投資家から集めた資金1億フランを大幅に増やしたいと考えている。デジタル証券を発行する「セキュリティー・トークン・オファリング(STO)」と呼ばれる資金調達手法を活用する。

ビューラー氏は追加で1億フラン以上を調達できると見込む。デジタル資産のみで資金調達することにより、STOの水準を引き上げるとも語ったが、詳細は明かさなかった。

新しい銀行業

元UBS行員のビューラー氏は、SEBAが暗号資産と伝統的な銀行業界のギャップを埋めることになると話す。スイスアルプスの山中にある軍事核シェルターにデータセンターを置き、デジタル資産の取引やウェルスマネジメント、カストディ(保管管理)業務を提供する。

口座開設には最低10万フランの流動資産を保有していることが条件だ。基本手数料は約500フラン。クレジットカードや仮想通貨用のウォレットを使ってビットコインやイーサリアム、ステラ、ライトコイン、イーサリアム・クラシックといった仮想通貨の取引が可能だ。

SEBAは来年以降、シンガポール、香港、イギリス、イタリア、ドイツ、フランス、オーストリア、ポルトガル、オランダにサービスを展開予定。

スイスではSEBAの他にビットコインスイス、タリオン、イニシウム、ヤペールが銀行業許可を申請している。

おすすめの記事
各種クレジットカードとビットコインが利用可能なことを示すショーウィンドウ

おすすめの記事

世界初の仮想通貨銀行 透けて見えるスイスの意地

このコンテンツが公開されたのは、 スイス金融当局から銀行業の許可を得て、世界初の仮想通貨銀行への一歩を踏み出したSygnum。仮想通貨と従来型金融の世界をつなぐ架け橋になる、と創業者たちは業界の盛り上がりに期待を寄せる。暗号資産分野で世界の主導権を握りたいスイスにとっても大きな節目となりそうだ。

もっと読む 世界初の仮想通貨銀行 透けて見えるスイスの意地
​​​​​​​

ニュース

眼下に広がる町と湖

おすすめの記事

ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心

このコンテンツが公開されたのは、 6月15~16日に開催されるウクライナ平和サミットの舞台として、ルツェルン湖を望むホテル「ビュルゲンシュトック・リゾート」が注目を浴びている。かつては庶民も受け入れられる高級リゾートして地元に愛されていたが、近年は事情が違うようだ。

もっと読む ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心
英語でスイスと書かれたステージでパフォーマンスをするノンバイナリー男性

おすすめの記事

ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も

このコンテンツが公開されたのは、 欧州国別対抗の音楽祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」の決勝が11日、スウェーデン南部マルメで行われ、「ノンバイナリー」を自認するスイス代表のNemo(24)が優勝した。会場周辺ではイスラエル参加に対する大規模な抗議活動も行われた。

もっと読む ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も
ビクトリノックスのアーミーナイフ製造現場

おすすめの記事

ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発

このコンテンツが公開されたのは、 スイスアーミーナイフの製造で知られるビクトリノックス社は、世界で広まるナイフ規制強化の波に対応するため、刃のないモデルの開発に取り組んでいる。カール・エルズナー最高経営責任者(CEO)がスイス紙のインタビューで明かした。

もっと読む ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発
管制室

おすすめの記事

スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦運輸省民間航空局(BAZL/OFAC)が3日発表した2023年の航空安全報告書によると、民間・小型航空機の事故件数は9995件と、前年から24%増加した。

もっと読む スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も
裁判所のドア

おすすめの記事

「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦裁判所(最高裁)は先月26日、チューリヒ地方裁判所の判事の1人に対し、気候活動家に関する裁判への関与を禁じる判決を下した。この判事が過去の裁判で活動家への団結心を見せたとして、考え方に偏りがあると結論付けた。

もっと読む 「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁
財布からお金を取り出す人

おすすめの記事

スイス、2023年の実質賃金は0.4%低下

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦統計局は25日、2023年の名目賃金は1.7%上昇したと発表した。インフレ(年平均2.1%)に相殺され、実質賃金は0.4%低下した。

もっと読む スイス、2023年の実質賃金は0.4%低下

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部