Navigation

Skiplink navigation

平昌五輪、スイスは過去最多の171人出場へ

平昌五輪に出場するスイスのジノ・カビツェル選手(スキー) Keystone

来月9日に韓国で始まる平昌(ピョンチャン)五輪に、スイスからは冬季五輪では過去最多となる171人の選手が出場する。スイスのオリンピック委員会が発表した。

このコンテンツは 2018/01/30 10:07
SDA-ATS/sm

これまでの最多は2014年のソチ五輪(ロシア)で163人。

>>IOC、ロシアを18年冬季五輪出場禁止に 

スイスオリンピック委員会は29日、アルペンスキー、スノーボードの最終出場選手を発表。スイスからはそのほかボブスレー、カーリング、フィギュアスケート、アイスホッケーなどに出場を予定している。平昌五輪は来月25日まで開催される。

選手団を率いるラルフ・シュテックリ氏は、ソチで獲得した11個のメダル数に最低でも到達したいと意欲を燃やす。

しかし、スノーボードに出場予定の男子選手2人が最近、負傷のアクシデントに見舞われたばかり。ソチ五輪男子ハーフパイプ金メダリストのユーリ・ポドラドチコフ選手は今月、米コロラド州アスペンで行われたスキーなどの競技を独自のルールで行う「冬季Xゲーム」で転倒、鼻を骨折するけがを負った。また、ダビド・ハブリュッツェル選手も今月20日、ワールドカップを兼ねたラークス・オープン(スイス)で負傷した。

スイス郵便は29日、平昌のスキージャンプ台を模した2018年冬季オリンピック記念切手を発売した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する