Navigation

2016年11月27日の国民投票

主要カテゴリ

国民投票結果

おすすめの記事

スイスの国民投票「脱原発」を否決 今後のエネルギー政策は?

このコンテンツは 2016/11/28 スイスで27日、国内に既存する5基の原発の運転期間を45年に制限し、2029年までに脱原発を達成することの是非を問う国民投票が行われたが、時期尚早のエネルギー転換は現実的でないとし、州の過半数が反対し否決された。脱原発イニシアチブ反対派にとって、今後のスイスのエネルギー政策は、どう展開していく...

おすすめの記事

スイス人は原発に反対、だが脱原発はゆっくりと

このコンテンツは 2016/11/28 昨日27日に行われた国民投票で、緑の党提案の「脱原発イニシアチブ」は、投票者の54.2%の反対で否決された。「脱原発を否決したといっても、それがイコール原発支持ではないのだ」というのが、スイスメディアの全体的な反応だ。結局、国民の多くが政府の提案する「秩序ある脱原発」に従うことを選んだのだという。

おすすめの記事

スイスの脱原発イニシアチブ、否決

このコンテンツは 2016/11/27 スイスで27日に行われた国民投票で、2029年に脱原発するよう求めるイニシアチブが投票者の54.2%の反対と州の過半数の反対で否決された。これでスイスは、政府が9月に決定した「エネルギー戦略2050」に従い、新規原発建設は凍結するものの、原発の運転期間に制限を設けずにいずれは脱原発するという「...

イニシアチブ「脱原発」

おすすめの記事

緑の党、脱原発しても「十分な再エネがスイスにはある」と主張

このコンテンツは 2016/11/25 いよいよ27日の国民投票でスイス国民は、緑の党提案の「脱原発」を求めるイニシアチブに対し意見を表明する。もし可決されれば、17年末には5基の原発のうち3基が稼動を停止。最終的には最後の原発が稼動停止する2029年にスイスは脱原発を達成する。だが、イニシアチブに反対する政府は「原発に取って代わる...

おすすめの記事

福島第一原発事故はスイスのエネルギー政策にどのような影響を与えるのか

このコンテンツは 2016/11/24 東京電力福島第一原発事故の後、スイス政府は長期にわたる段階的脱原発へ向けて「エネルギー戦略2050」を国会へ提案したが、緑の党は「脱原発」イニシアチブ(国民発議)を提起した。これらすべては同じ年2011年に起きた。2011年3月を境にスイスでも原発への議論が高まり、今月27日には国民投票で「脱...

おすすめの記事

27日の国民投票、スイスの原発は「古くなりすぎて危険」なのか?

このコンテンツは 2016/11/22 緑の党など、国民投票にかけられるイニシアチブ「脱原発」の支持者は、スイスの原発の多くが世界で最も古い施設に属し、その老朽化が大事故のリスクを格段に高める、と主張する。そうした事故は、スイスのように人口密度の高い国では破滅的な被害をもたらすという。...

スイスの原発

おすすめの記事

放射性廃棄物の最終処分、太古の泥岩オパリナスクレイに注目

このコンテンツは 2016/06/27 原子力発電所から出る放射性廃棄物の最終処分をめぐり、スイスの地下にある特殊な泥岩「オパリナスクレイ」が注目されている。この岩は遮水性に極めて優れ、地層処分後に放射性物質が漏れだすのを防ぐとみられるためだ。スイスには5基の原子力発電所があるが最終処分場がなく、このままでは廃炉後に何千立方メートル...

おすすめの記事

歴史上最悪の原発事故から30年 スイスに残る爪あと

このコンテンツは 2016/04/25 ウクライナの町チェルノブイリにある原子炉が爆発した1986年4月26日、放射性物質が大気に乗って流れ、ヨーロッパの広範囲が汚染された。事故から30年経った今でも、スイス南部のティチーノ州ではその影響が残る。国民の健康への影響はどれほどだろうか?...

おすすめの記事

ミューレベルク原発、スイスで初の廃炉に決定 残る原発の寿命には制限なし

このコンテンツは 2016/03/08 スイスの電力会社BKWは先週の3月2日、同社が運営するミューレベルク原発を2019年12月20日付けで稼動停止し、廃炉にすると正式に発表した。これはスイス初の廃炉にあたる。一方この発表が行われたちょうどその日、連邦議会の下院が、原発の寿命に制限を設けないと決定。これは上院の決定に添ったもので、...

スイスの再生可能エネルギー

おすすめの記事

スイスで最大の揚水式発電所の開始 だが経済的リスクも

このコンテンツは 2016/10/13 スイスの2大電力会社の一つであるアクスポ電力グループは9月9日、グラールス州でスイス最大の揚水式発電所の運転を開始した。新しい発電所は、欧州の風力発電と太陽光発電の生産量の変動を補う役を担う。だが、このプロジェクトは、赤字に陥るリスクも抱えている。

おすすめの記事

スイスの農家、農場で自然エネルギー作り

このコンテンツは 2013/11/11 太陽光パネルの設置に適した大きな屋根、風力タービンの置ける土地、ガス生産が可能なバイオマス。多くの農場には、自然エネルギー生産に適した条件が整っている。しかし、農家のクリスティアン・ヴェーバーさんの例が示すように、農家が自然エネ生産者となるには、大きな野心が必要のようだ。

スイスのエネルギー政策

おすすめの記事

スイス政府、脱原発の約束を守り新エネルギー戦略発表

このコンテンツは 2012/11/15 福島原発事故を受けスイス政府は昨年5月、「段階的脱原発」を宣言。その後連邦議会からの支持を得て、脱原発を具体的に進めるエネルギー基本方針「エネルギー戦略2050」の第1案を9月末に発表した。法改正案を柱とするこの戦略では、特に太陽光発電を推進。2050年にはこのエネルギーだけで現在の原発の発電...

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。