Navigation

ETHZ 研究データ改ざん

データを改ざんした研究の指導者だったペーター・チェン教授は研究部副部長を辞任 Keystone

連邦工科大学チューリヒ校 ( ETHZ ) は9月21日、同校研究部副部長ペーター・チェン教授が研究データ改ざんに関与していたと発表した。チェン氏は9月末で同職を辞任する。

このコンテンツは 2009/09/22 08:46

データが改ざんされたのは2000年に発表された科学研究論文で、チェン氏は当時研究グループを指導する立場にあった。

異なる結果に疑問

その後、別の研究グループがまったく違った結果を出したが、その理由を説明できなかったチェン氏は今年1月、科学的調査委員会に調査を依頼した。その結果、チェン氏のグループがデータを改ざんしていたと判明した。

しかし、関係者全員が改ざんを否定しているため、犯人について委員会は究明できなかったという。データ改ざんがあったとされる2つの研究論文は撤回された。チェン氏は責任を取り9月30日付で研究副部長を辞任するが、教授としてETHZで教鞭を取り続けるという。

ETHZの発表によるとラフル・アイヒィラー学長は、チェン氏という有能な指導者を失うことは遺憾だが、辞任は必要だったと語ったという。

swissinfo.ch、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。