ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスのパイオニア(3) スイスからメキシコの「チョコレート王」になった男

ジャンフランコ・アルノルディさんの生涯は、まるで絵に描いたサクセスストーリーのようだ。若くしてメキシコへ移住を決意したアルノルディさんは、そこで初のホワイトチョコレート製造者になる。彼が創業したチョコレート店は、今や数億円規模の企業にまで発展した。(SRF/swissinfo.ch)

特集 「私たちは在外スイス人」

グローバル化が進み、多くのスイス人が海外に拠点を置いて生活しています。 現在、スイス人口の10%に当たる約76万人のスイス人が国外に在住。多くの人が、スイス近隣の欧州諸国に住んでいます。 ...

アルノルディさんの製菓業界での経歴は長い。ルガーノのヴァニーニ洋菓子店で菓子職人として技術を身に付け、19歳になった頃にはすでにショコラティエ(チョコレート専門の菓子職人)のチーフを務めていた。後にグシュタードとルツェルンの高級ホテル「パレスホテル」を経て、バルセロナの「リッツ」でチョコレート作りに励んだ。

やがてスイスだけでは窮屈に感じるようになったアルノルディさんは、メキシコの革命的な空気に感銘を受け、移住を決意。1956年、メキシコシティーにヒルトンホテルがオープンしたのを機に1年契約で就職した。そしてヒルトンホテルを転々とした後にメキシコ人女性と結婚し、68年にはメキシコシティーに自分のチョコレート店を創業した。

文化の違いに戸惑いはあったが、会社は順調に成長した。当時のメキシコ人にとってチョコレートはココアと砂糖で作った飲み物か、鶏肉を漬け込む時に使うスパイシーなソースでしかなかった。そのため固形のチョコレートを食べることにまず慣れてもらう必要があった。

アルノルディさんの店はメキシコに25店舗ある。「高品質のチョコレートを作り続けることは容易ではない」。既に店の経営と拡大戦略を息子に任せているアルノルディさんは、そう感慨深く語った。

シリーズ「スイスのパイオニア」:それぞれの専門分野で第一人者として国内外で活躍するスイス人に焦点を当てた。スイス公共放送SRF制作。

インフォボックス終わり

(英語からの翻訳・シュミット一恵)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。