Navigation

外国人の投票権

Keystone / Anthony Anex

連邦レベルの投票権を持つのは18歳以上のスイス国民だけ。だが一部の自治体では、地方レベルの投票に関し、外国人に投票権を認めているところもある。

このコンテンツは 2017/12/03 10:00

フランス語圏の州の大部分が、地方レベルの投票権を外国人に認めている。州レベルでも認めているところもある。ドイツ語圏はそれに比べるとまだ保守的。スイスの全26州のうち、何らかの形で外国人に投票権を認めているのは約3分の1だ。

ジュラ州は2014年の住民投票で、スイスに10年以上居住している外国人であれば地方自治体の官職に就けるようになった。

在外スイス人の選挙登録に関しては連邦外務省(EDA/DFAE)他のサイトへのサイト(英/独/仏/伊語)へ。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。