専門家が政府批判、従業員の握手禁止…新型肺炎に揺れるスイス

「マスクはありません!」――首都ベルンの薬局のように、スイス各地でマスクが売り切れ状態だ Keystone

25日にスイスで初めて新型コロナウイルス(COVID-19)の患者が確認され、国内に緊張が広がっている。

swissinfo.ch

「パニックを広げるのは確かに全く無意味だし、国民が怯える必要はない」。感染症を専門とするベルン大学のクリスティアン・アルトハウス氏は、ドイツ語圏の日刊紙NZZでこう強調した。「一方で、スイスで流行が始まることは知っておかなければならない」

スイス連邦内務省保健局は25日、スイス南部ティチーノ州に住む70歳男性が新型コロナウイルスに感染していたと発表した

アルトハウス氏は保健局が「危険性を無責任に誤認した」と厳しく批判する。自身のツイッターで、スイスが「近代史で健康上最も危機的な状況」に直面しているとし、軍の戦闘機ではなく感染症対策に予算を裂くべきだと皮肉った。

​​​​​​​

アルトハウス氏は、保健局には複雑な感染症の問題に対応できるだけの専門家がおらず、国民に対するリスクは「並み」だとしたのも理解できるとコメントした。

「そして残念ながら、スイス内外の専門家間でコミュニケーションがほとんどなく、保健局に情報提供・支援があまりできない」

感染力

アルトハウス氏はスイスで死者が3万になる「最悪シナリオ」も排除できないと述べ、スイスの病院が対応しきれないと警告する。また、2009年の豚インフルエンザの流行時と同じような経緯を辿ると見込んでいると語った。

世界保健機関(WHO)などによると、COVID-19の感染力は季節性インフルエンザや豚インフルエンザより高いが、はしか(麻疹)より低いと見積もる。ドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)によると、WHOはCOVID-19の致死率は中国で3.4%、中国以外では1.1%と算出している。

SRF-SWI

​​​​​​​

ティチーノ州医師会のフランコ・デンティ会長は、無料紙20min.で「保険局はティチーノ州にとっての問題の大きさとロンバルディア地方の先行事例を低く見積もりすぎた」と語った。21日まで保健局は「全く正しくない対応だった」。マスクを着用するだけでは不十分だという。「感染拡大の食い止め・収束させるための確実な答えと措置が求められている」

まずは手洗い

人々が取るべき行動は?WHOは個人ができる対策を詳しく説明している。ドイツ語圏の日刊紙ターゲス・アンツァイガーは「予防法はたった一つだが、それを正しくできている人はいない」と指摘した。

「ウイルス・細菌性の病気を確実に防ぐ方法は手洗いのみ」としたうえで、「9割」の人は正しく洗えておらず、親指や指先は見過ごされがちだと強調した。オンライン版ではWHOの紹介する手洗い動画を引用している。

スイスの複数の企業が従業員に握手しないよう呼びかけた。

セメント会社ホルシムは社員食堂に握手を禁止するポスターを貼り出した。新型コロナウイルスを名指ししたものではないが、ある社員は20min.で「私も同僚も、わが社がはっきりと方針を示すのは良いことだと考えている」と語った。ホルシムは単に社員の意識を高めたかったとしている。

通信会社のスイスコムはイントラネットで▽顔を触らない▽手をこまめに洗う▽握手しないといった予防策を紹介した。広報のサブリナ・フブアッハー氏は「こうした対策は季節性インフルエンザの予防にも役立つ」と話す。

小売大手のコープやスイス郵便は従業員に通常通りの衛生対策を取るよう呼びかけている。

スイス郵便の広報エリッヒ・ゲッチ氏は「病気の流行時は握手や挨拶のキスを避け、誰かと話す時も距離をとるよう推奨している」と話した。

​​​​​​​

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する