Navigation

コロナウイルスかぎ分ける探知犬?スイスで訓練

スイス軍の軍用犬は爆発物や麻薬を嗅ぎ分けられるよう訓練されている © Keystone / Christian Beutler

スイスで現在、3匹の犬が新型コロナウイルスに感染した人々を嗅ぎ分ける訓練を受けている。成功すれば学校、職場、イベント、その他の人混みで感染を検知できるようになる。

このコンテンツは 2021/03/04 15:47
swissinfo.ch/mga

独語圏の日刊紙ターゲス・アンツァイガーが報じた。同紙によると、ジュネーブ大学病院(HUG)がスイス軍、国連安全保安局と訓練プロジェクトを立ち上げた。訓練を受けているのはスイス軍のマリノアと呼ばれる犬種の犬1匹と国連安全保安局が所有する2匹で、3月末までに結果が分かる見込みという。

コロナ探知犬は他国でも同様の訓練が行われている。ドイツではテストの結果、94%の精度で、探知犬が人間の唾液サンプルからコロナウイルスを探知できることが分かった。感染者の細胞からは特有のにおいが出るため、探知が可能になる。

HUGのマヌエル・シブラー氏は同紙に、犬の嗅覚でウイルスを検出することは、既存の方法よりも安く、簡単で煩わしくない方法だと語った。

犬やハンドラーがさらされる感染リスクを抑えるため、実験では使用済みマスクではなく、汗のサンプルを使う。汗には活性ウイルスは含まれないが、臭いは変わっているため、実験には適しているという。

コロナ探知犬は駅や空港への派遣も可能だが、最終的には政治レベルでの決定が必要になる。


このストーリーで紹介した記事

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。