氷河が語る歴史 ススで仮説覆す調査結果

スイスの氷河に含まれる古いススの残留物を1740年までさかのぼって分析することに成功した Keystone

スイスの研究所が最新の調査結果を発表し、アルプス氷河の融解は19世紀半ばの産業化と同時に始まったという既存の仮説を覆す結果が出た。

このコンテンツは 2018/10/24 06:30
swissinfo.ch/dos

スイス公共放送(SRF)によると、多くの専門家はこれまで、氷河の後退は1860年頃、工業化で乱立する工場から出るススや煙が増えたことから始まったという仮説を提唱してきた。

ところが、スイス最大の自然科学・工学研究センター、ポール・シェラー研究所(PSI)が氷河のより深部にあるススを分析した結果、この仮説が間違っている可能性があることを発見した。

調査した氷河の中でも、ベルン州とヴァレー州(ヴァリス州)の間に位置するフィッシャーホルン氷河は、氷中に閉じ込められたススの粒子を1740年までさかのぼって調べることに成功した。こういった残留物はその当時、大気中に何が含まれていたかを示す真の「歴史書」だと研究者ミヒャエル・ジクルさんは言う。

面白いことに、1850年~75年に起こった氷河の融解は、産業によるばい煙のせいではない可能性が高いことが判明した。ススの大気中濃度はその後になって初めて中央ヨーロッパの自然レベルを超えたからだ。

従って、アルプスの氷河の体積がピークに達した「小氷河時代」(1300~1870年頃)と呼ばれる寒冷な期間は、人間の影響というより、むしろ自然の気候変動の結果として終了した可能性が高いと研究者らは見ている。

ジグルさんは「既に1875年の時点で氷河の8割は後退していた」とフランス語圏の日曜紙ル・マタン・ディマンシュでのインタビューで明らかにしている。

温暖化への関与は否定せず

しかしジグルさんは、この研究は人間が地球温暖化に関与していることを否定するものではないと強調。むしろ、人間の活動がいつから気候に影響を与え始めたのか知ることが重要だとした。その問いには、未だに答えが見つかっていない。

ジュネーブを拠点とするマーティン・ベンストン教授(気候学)もこれに同意し、「時間的なギャップはあまり重要ではない」とした上で、「人間の営みにより、温室効果ガスの排出が着実に増えている。これは基礎物理学」だと話す。

この報告書が出された週の16日、スイス科学アカデミーも最新調査の結果を発表。それによると、猛暑だった2018年は氷河の観測が始まって以来の壊滅的な年となり、今年だけでも氷河の量が2.5%も減少した。


この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する