スイス山岳地にもデジタル化の波 過疎化対策にも

オーストリア、ドイツ、リヒテンシュタインの関係者とデジタル化に関するパネルディスカッションに参加したシュナイダー・アマン経済相(右から2番目)。連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)にて Keystone
このコンテンツは 2018/10/25 12:15
swissinfo.ch/ug

スイスの山岳地域に拠点を置く中小企業のデジタル化を促進するキャンペーンが実施された。​​​​​​​

24日、スイス継続教育協会(SVEB)スイス山村支援基金は従業員数50人未満の企業を対象にインターネット技術の訓練を行うプロジェクトを発表した。

この共同プロジェクトでは、継続教育の促進に総額50万フラン(約5618万円)が出資され、山岳地域に散らばる約千の地方自治体にある企業を補助金の対象とした。

プロジェクトの主催者は「デジタル化は、世界中の経済を促進する最も強力な要因の一つ」であり、「それはスイスの山岳地域も例外ではない。特に過疎化を防ぐためには地元の就職口は必須」とした。

25日にはデジタルスイス(digitalswitzerland)が主催するデジタル・デーがスイスの12の市町村で開催される。一般の人にもデジタル革新に注目してもらう目的で、80以上のイベントが予定されている。チューリッヒ中央駅で行われるイベントにはアラン・ベルセ連邦大統領も出席する。

23日に連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)で行われたパネルディスカッションで、ヨハン・シュナイダー・アマン経済相は、スイスの中小企業には「雇用を生み、国の付加価値を維持する」という意欲が必要だと述べた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する