訪問介護士の家計簿

スイスの異なる業界で働く3人に、1週間家計簿をつけてもらった。これを見ればスイス人がどれだけ稼ぎ、どのように支出しているか、スイスで暮らしていない人もイメージしやすくなるだろう。第1回は介護サービスでチームリーダーを務める女性。彼女の手取りは月5600フラン(約63万5千円)だ。

このコンテンツは 2020/02/04 08:30

家計簿筆者のプロフィール

有資格の女性介護士で、スイス在宅ケア協会(シュピテックスspitex)のある支部でチームリーダーを務める。勤務時間はフルタイムの70%、他に時給制の臨時派遣要員も引き受ける。特別手当てや派遣勤務時間にもよるが、毎月およそ5600フランの収入を得る。

End of insertion
swissinfo.ch


日曜日

End of insertion

彼女がランチに招かれたので一緒に行きました。レストランが家から100キロ離れていることに、なんと前の日の晩になって気付きました。環境に優しいとはいえないけれど、私の車でドライブ。ついでにレストランから車で5分の場所に住んでいる別の友達の家に寄ることに。

レストランでは珍しくデザートを断念。今「ヴィーガン期間」だから。メインはヴィーガンメニューを選べたけれど、デザートはそういうものがありませんでした。

帰り道、ガソリンを満タンに。

冷蔵庫は今のところいっぱい。夕飯には十分な野菜やパンがあります。 

今日の支出:
ガソリンに58フラン(うち25フランは同居人が負担)
レストランでのランチに44フラン

月曜日

End of insertion

休暇明け出勤初日。通勤は電動アシスト付き自転車で。もう転職が決まっていているので、今の職場に通うのも、もうすぐ終わり。新しい勤務先はずっと遠いので、この自転車で通勤できる日は残りわずか。すごく残念!本当は自転車を点検に出さなければいけないけれど、もうそんなに使わなくなるので今は出費を抑えるためにも後回し。

今日は半日オフィスで働いてから、自宅でお昼。昼ご飯はレンズ豆の煮ものに豆乳サワークリーム。

午後は乗馬へ。家から7キロ離れた馬小屋には車で移動。

夜はもう一度仕事へ。チームリーダーとして、毎年の人事評価では、どのくらい現場のサポートをしたかをみられます。つまりシュピテックスでは、職員が在宅介護に同伴します。私は車でシュピテックスの支店に言って、午後6時から10時まで現場に付き添います。その前に家でサラダを食べて、休憩時間用にサンドイッチを持参。夜の間は職場の近くに無料で駐車できます。

今日の支出:
なし

火曜日

End of insertion

今日はまた午前中にオフィスワーク。オフィスへは自転車で。朝食は家で(マーガリンとジャムを塗ったパン。ジャムは友達のお手製)。マーガリンがパーム油入りなのには腹が立つ。次は絶対に入ってないものを買うと決めています。

お昼、市街地にある事務所のそばのオーガニックショップに立ち寄り。昼ご飯は今日も家で、昨日と同じレンズ豆。

それからまた乗馬へ。今日は先生の指導付き。指導は1時間当たり60フランで、月ごとに請求書を作ってくれます。私は時間や予算の余裕に応じて、ひと月に大体4時間受講します😉

その後いったん家に帰って、シャワーを浴びてご飯(サラダと米)を食べ、仮眠をとってまた出勤。昨日と同じ午後6時から訪問に同伴。少し長引いたので帰宅できたのは午後11時でした。

今日の支出:
オーガニックショップの27.95フラン

水曜日

End of insertion

今日の仕事は午前だけ。遅番の訪問同伴を除き、私は勤務時間を割と自由に振り分けられます。

帰宅途中、(自転車で)ちょっと駅に寄り道。明日と明後日に行く学校はここから30キロ離れた、電車で30分のところにあります。電車のきっぷは明日駅まで行くバスの乗車券としても使えますが、きっぷは駅でしか買えません(スマホのアプリでも買えるけど、私の理解能力を超えるので)。だから予め電車のきっぷを買っておけば、朝乗るバスの運賃を節約できます。だから明日の分と明後日の分もまとめ買い。半額カードを持っているので割引料金で買えます。

午後はまたまた乗馬。夜は自分と彼女の分の夕飯を作ります。 

今日の支出:
2日分の電車賃で33.60フラン

木曜日

End of insertion

今日は2カ月の夏休みが明けてから初めての学校の日。取っている講座は月に1度、2日連続で開講します。始業は朝9時15分。8時にバスに乗れば十分間に合います。授業はとても楽しみ。

パン、果物、ナッツにお茶。おやつはたくさん用意していたつもりだったけれど、夏休みの間に学校でどれだけお腹が空くか忘れてしまっていて、お昼には全部食べてしまいました。ベジタリアンレストランのティビッツに行ってヴィーガンケバブを購入。

午後6時半に帰宅。先週近所の有機農家で買ったジャガイモを茹でる。

夜はまた乗馬に行きたかったけれど、車は嫌だったみたい。エンジン警告灯が点灯。もう古い車なので、運を天任せで走り出すのは危険とみて断念。ものすごくイライラして家にこもり、自由が制限された気分になりました。私の馬は代謝不良で、深刻な病気にかからないためには、たくさんトレーニングしなければいけません。毎日乗馬に行くのはそのため。もちろん乗馬は私の趣味で、とにかく楽しい、というのが一番ですが 😉

今日の支出:
昼ご飯の7.80フラン

金曜日

End of insertion

今日も学校。車の警告灯のせいでものすごい寝不足。車の買い替えのことで頭がいっぱいだったから。新しい仕事のためには車が必要。介護の仕事中は公共交通機関に依存したくないのが理由。

そういうわけで寝起きも最悪でした。彼女はオフの日だったので、親切に1日のご飯を用意してくれました。たくさん用意してくれたから、今日は夜までお腹が持ちそう。ジャガイモに豆乳クワルク(乳製品の一つ)、ズッキーニのマリネ、パンと果物。

幸いなことに、彼女も車の修理工場についてきてくれました。実は大したことなくて「心づけ」のコーヒー代だけで車の問題は解決。

夜は修理済みの車で早速乗馬へ。内心疲れているなと思っていたけれど、新鮮な空気と馬小屋の匂いでリフレッシュ&リラックスしました。 

今日の支出:
ゼロ(心づけの小銭だけ)

土曜日

End of insertion

今日は彼女がハイキングで、家から徒歩で出かけました。私も後から電車で追いかけて、途中で合流して一部だけ一緒に歩く予定。彼女がてくてくやっている間に、私は家を掃除してからお出かけの準備。準備万端で電車に乗って、10キロほど一緒に歩きました。私はあんまり歩き慣れていないので、すぐに腰が痛くなってタクシーでどこかに行っちゃおうかと考え出す始末。でも彼女がリュックサックを代わりに担いでくれたので、もう少し頑張ることに。そこからまた電車で帰路へ。アパートのあるブロックの角にあるスーパーのミグロに寄って、夕飯の食材を調達。野菜、チップス、豆乳ヨーグルトを買いました。野菜はいつもオーガニックショップで買うことにしていますが、今日はあまりに疲れていたので例外。

家に着いたら即着替えて乗馬へ。座ったらもう立てなくなりそうだったから!馬に乗ればいつものようにまた元気になって、リフレッシュして夕飯前に家に帰れます。パスタを茹でて、脚を高くしてテレビ観賞会。といってもテレビは持っていないので、同居人のノートパソコンを使って鑑賞しました。 

今日の支出:
ハイキングまでの往復運賃11フラン
ミグロでの買い物24.15フラン

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する