スイスの視点を10言語で

マフィア潜入捜索官カッタネオ氏 75歳で死去

Fausto Cattaneo
ファウスト・カッタネオ氏。2015年連邦刑事裁判所にて Keystone

スイスのイタリア語圏ティチーノ州でマフィア捜索に貢献したファウスト・カッタネオ氏(75)が死去した。氏の活躍は国際的にも認められていた。 

カッタネオ氏は彼の世代で最も活躍した秘密捜査官の一人だ。組織化された犯罪者集団の上層部メンバーの摘発と大量の麻薬の押収に貢献した。 

スイス東部・グラウビュンデン州のイタリア語圏にあるロヴェレドで生まれた。 1975年にロカルノの麻薬捜査部に加わり、1987~1992年にかけて連邦麻薬捜査部隊を率いた。米国の麻薬取締局(DEA)、連邦捜査局(FBI)、中央情報局(CIA)、インターポール、そしてドイツの連邦刑事庁と密接に協力。当時のアメリカ大統領ロナルド・レーガンは、彼の貢献をたたえ勲章を授けた。 

2001年には「Comment J’ai Infiltré Les Cartels de La Drogue(仮訳:私が麻薬カルテルにどう侵入したか)」を発表。ベストセラーとなった本著は「Dirty Money, L’infiltré外部リンク(仮訳:ダーティーマネー、潜入)」として映画化された。76歳の誕生日の前日だった11日に亡くなった際、カッタネオ氏は2冊目の本を執筆中だった。氏は筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患っていた。 

2001年、氏は秘密捜査官としての人生についてこう書き記している。 

「必要に応じ私は金融、会計、起業家だけでなく、ドライバーやボディガードにもなりすました。我々には十分な組織と人材が欠如していたため、変装を完璧にするために臨機応変に対応しなくてはならなかった。高価な車を乗り回し、麻薬密売人を迎えに高級住宅や事務所に行けるよう、友人や知人の協力は欠かせなかった」  

裁判事件 

氏は著書の中で、連邦警察官とティチーノ州の元同僚がフランス・ニースでの秘密調査で横領を働いたと主張している。 

事件は法廷に持ち込まれたが、カッタネオ氏とヴォー州治安警察長官は2003年、連邦検察官に虚偽の情報を提供し、連邦警察官を麻薬関連犯罪、マネーロンダリングおよび汚職の疑いで逮捕するよう仕向けた罪に問われた。 

2015年10月、ようやく連邦刑事裁判所はカッタネオ氏と共同被告人を全面無罪にし、氏は賠償金として約17万2千フラン(約1890万円)受け取った。

ニュース

眼下に広がる町と湖

おすすめの記事

ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心

このコンテンツが公開されたのは、 6月15~16日に開催されるウクライナ平和サミットの舞台として、ルツェルン湖を望むホテル「ビュルゲンシュトック・リゾート」が注目を浴びている。かつては庶民も受け入れられる高級リゾートして地元に愛されていたが、近年は事情が違うようだ。

もっと読む ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心
英語でスイスと書かれたステージでパフォーマンスをするノンバイナリー男性

おすすめの記事

ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も

このコンテンツが公開されたのは、 欧州国別対抗の音楽祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」の決勝が11日、スウェーデン南部マルメで行われ、「ノンバイナリー」を自認するスイス代表のNemo(24)が優勝した。会場周辺ではイスラエル参加に対する大規模な抗議活動も行われた。

もっと読む ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も
ビクトリノックスのアーミーナイフ製造現場

おすすめの記事

ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発

このコンテンツが公開されたのは、 スイスアーミーナイフの製造で知られるビクトリノックス社は、世界で広まるナイフ規制強化の波に対応するため、刃のないモデルの開発に取り組んでいる。カール・エルズナー最高経営責任者(CEO)がスイス紙のインタビューで明かした。

もっと読む ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発
管制室

おすすめの記事

スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦運輸省民間航空局(BAZL/OFAC)が3日発表した2023年の航空安全報告書によると、民間・小型航空機の事故件数は9995件と、前年から24%増加した。

もっと読む スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も
裁判所のドア

おすすめの記事

「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦裁判所(最高裁)は先月26日、チューリヒ地方裁判所の判事の1人に対し、気候活動家に関する裁判への関与を禁じる判決を下した。この判事が過去の裁判で活動家への団結心を見せたとして、考え方に偏りがあると結論付けた。

もっと読む 「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁
財布からお金を取り出す人

おすすめの記事

スイス、2023年の実質賃金は0.4%低下

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦統計局は25日、2023年の名目賃金は1.7%上昇したと発表した。インフレ(年平均2.1%)に相殺され、実質賃金は0.4%低下した。

もっと読む スイス、2023年の実質賃金は0.4%低下

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部