Navigation

スイスの鉄道駅、全面禁煙へ

世の中には愛煙家もいれば、嫌煙家もいる。スイスでは15歳以上の喫煙率は27.1%。15~24歳に限ると31.7%と、喫煙はさらに一般的だ。

このコンテンツは 2019/08/20 16:00
ETH-Bibliothek Zürich/Swissair

ただ全体的に見ると、たばこの人気は年々減り続け、禁煙を実施するエリアは拡大を続けている。これまでは公共交通機関の電車内、駅の建物内のほか職場、大学、飛行機の中で禁煙が実施されていった。

そして2019年6月1日から、国内の鉄道駅は指定の喫煙ゾーンを除き、原則禁煙となった。主要駅ではプラットフォーム、小さな駅では駅の入り口に喫煙所を設ける。2018年秋の試験期間を終え、公共交通連合(VÖV)が決定した。

チューリヒ中央駅では13日に禁煙がスタート。今年10月末までに1千の鉄道駅、2020年半ばまでに全鉄道駅での設置を予定している。

ドイツの鉄道駅は2007年から喫煙ゾーンを黄色い線でマークしているが、スイスでは青色で表示する。

今のところ、指定場所以外で喫煙をした人へ罰則規定はない。今回の措置は「法的義務ではなく、交通会社の裁量にゆだねる」と公共交通連合は話している。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。