ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

平均寿命が長いスイス スイス、今年はがんによる死亡が1万8千人の見込み

がん

スイスでは今年、肺がんによる死者が3500人に上るとみられる

(KEYSTONE/DPA/Felix Hörhager)

世界保健機関(WHO)が12日発表した調査で、スイスでは今年、新たにがんと診断される患者が5万6千人超に上る見込みであることがわかった。

 調査はWHOの国際がん研究機関(IARC)がまとめた。調査では、このうち1万8千人以上が死亡に至ると予測。1万300人が男性という。

 男性の10人に1人、女性の7.4人に1人が75歳までにがんで死亡する確率が高いという。

 患者の5人に1人が非黒色腫皮膚がんで、致死率の高い肺がんによる死亡者は3500人に上る見込み。スイスの人口は約850万人。

 5万6千人のうち男性は約3万人、女性は約2万6千人。男性では3人に1人、女性では25%超が75歳になる前に罹患する可能性が高い。スイスに住む男性約10万3千人と9万8千人超の女性が過去5年間でがんと診断された。

他国ではどうか 

 報告書の調査対象は185カ国。世界中で、がんの患者数は今後20年間で61%増加すると予測している。新たにがんと診断される人は3千万人、死亡者数は1600万人を超える見込みという。

 地域別では、全体の約半数をアジアが占める。世界人口の9%を占める欧州は、がんと診断される人の数では全体の4分の1、死亡者数では20%超。南米・北米大陸は21%、死亡者は15%をわずかに下回った。アジアとアフリカは診察・治療へのアクセスが限られており、死亡者の割合が世界全体の総数と比較しても高い。

 WHOが出した今年の欧州健康調査報告では、スイスとルクセンブルクが平均寿命の最も長い国(83歳)に位置づけられている。

Keystone-SDA/sm

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。