Navigation

スイスでも広がる若者のデモの波 気候変動対策求め

気候変動対策を求めデモ行進する人々。ローザンヌをはじめスイスのあちこちでデモの波が広がっている Keystone

気候変動への対策を求め、スイスの13都市で何万人もの人々がデモ行進を行った。

このコンテンツは 2019/02/04 10:30
Keystone-SDA/jc

デモは3日、学生らの主導で行われたが、あらゆる年齢層の人々が駆け付けた。寒さにもかかわらず「車ではなく樹木を」、「きれいな肺が欲しい」、「脳がすでに溶けてしまったのか?」といったメッセージを掲げデモ行進を行った。 

警察の発表によれば、デモに参加した人はローザンヌで1万人、チューリヒで8千~1万人だった。他の都市の参加人数はジュネーブとバーゼルで各4千人、フリブールで2500人、ベルンとルツェルンで各2千人。その他の都市を加えるとさらに多くの人がデモに参加した。 

デモ参加者は、気候変動に危機感を持ち、適切な対策を取るようスイス政府に求めた。その中には、スイスは2030年までに温室効果ガスの排出をなくすべきとの呼びかけもあった。

デモは特定の党派に属する動きではなかったが、フリブールのデモを主催した大学1年生のレオ・ティンゲリーさんは、「政治的支援も歓迎する」とスイス通信(Keystone-SDA)に話した。 

1月中旬には約2万2千人の生徒らがスイス全土でストを行い、気候変動への対策を求めた。これは先ごろダボスで開催された世界経済フォーラム(WEF)で話題になったスウェーデンの16歳の環境活動家グレタ・トゥンベルクさんに触発された動きだった。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。