英ロイヤルフィル、スイス人指揮者デュトワ氏の退任発表 セクハラ疑惑で

シャルル・デュトワ氏 Keystone

英ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団は10日、スイス・ローザンヌ出身の著名指揮者で、楽団の芸術監督と首席指揮者を務めてきたシャルル・デュトワ氏(81)の退任を発表した。同氏を巡っては昨年12月、過去に複数の女性らにセクハラ行為を働いていたとの疑惑が報じられていた。

このコンテンツは 2018/01/12 09:45

デュトワ氏は2019年10月に退任予定だったが、楽団は今回の疑惑を受けて緊急会議を開き、デュトワ氏と面談した上で退任の前倒しを決めた。

楽団は声明で「デュトワ氏は(セクハラ疑惑に対し)今後法的措置を講じるとしているが、不確定な状況が長引いていること、またメディアの報道によって、この楽団における彼の地位をこれ以上擁護できない」とした。

楽団は昨年12月末、デュトワ氏の公演見合わせを発表。後任は当面の間、楽団の客演指揮者が務める。

本人は否定

デュトワ氏を巡っては昨年12月、女性オペラ歌手3人と女性音楽家1人が、1985年から2010年の間に米国でデュトワ氏からセクハラを受けたと訴えた。女性らによると、デュトワ氏は女性たちに無理やりキスをし、口の中に舌を入れたとされる。このセクハラ疑惑が報じられたことを受け、米国やオーストラリアの複数の交響楽団が同氏との公演を見合わせた。

一方、デュトワ氏はセクハラ疑惑を否定。女性らに対する法的措置を講じるとしている。

デュトワ氏はスイス国内をはじめ世界各地のオーケストラを指揮し、国際的な賞も受賞している。現在はカナダ在住。同氏はNHK交響楽団の名誉音楽監督も務めており、N響は「大変驚き、深刻に受け止めている」とのコメントを出した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する