Navigation

UBS、 大規模買収の計画は当分無し

先週の米企業PaineWebber買収を発表したスイス最大手銀行UBSは、このような大規模な企業買収計画は、当分ないと表明した。(写真:オスペルUBS総裁)

このコンテンツは 2000/07/18 16:11

先週の米企業PaineWebber買収を発表したスイス最大手銀行UBSは、このような大規模な企業買収計画は、当分ないと表明した。

マルセル・オスペルUBS総裁は、日曜紙「ゾンターグ・ツァイトゥン」に対し、PaineWebberのような大規模な買収計画は当分無いと語った。が、特定の金融サービス部門の中小企業買収の可能性は、否定しなかった。

オスペル総裁は、PaineWebber買収は、スイス銀行の「欧州中心主義」政策を修正するものだと解説している。そして、UBSの最優先事項は、現在の40%の成長見込みを達成させることだと述べた。

が、PaineWebber買収後も、同社の収益の50%以上はスイスで得られるものだと、UBSがスイスの本拠地を移す計画は無い事を強調した。UBSの株主と従業員の半数以上は、スイス在住者だ。オスペル総裁は、スイスの成長率が如何に魅力的であるかを述べ、UBSのスイスの小売り業界における地位の重要性を強調した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。