ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ユネスコ無形文化遺産 バーゼルのファスナハト中止も数百人が行進

全身タイツの仮装

カーニバルの中止にもかかわらず、ウイルス細胞に見立てた変装で街を練り歩く人たち。3月2日、バーゼルで

(Keystone / Georgios Kefalas)

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、スイス連邦政府は1千人以上の大規模イベントを禁止した。2~4日予定されていた国内最大のカーニバル、バーゼルのファスナハト他のサイトへも中止になったが、数百人がパレード当日の2日早朝、街頭に繰り出した。

カーニバルは通常、派手な仮装をした人たちが町を練り歩くが、この日仮装していた人はごくわずかだった。灯籠(ランタン)を手にした人々が市内の広場に集まり、午前4時に市庁舎の鐘が鳴ると一斉に歓声を挙げた。

警察が巡回したが、介入はしなかった。


外部リンクへ移動

ニュースレター

週に1回お届けするswissinfo.chの日本語ニュースレターをご希望の方はこちらからご登録ください。

スイス政府は28日、3月15日まで1千人以上のすべてのイベントを禁止すると発表した。

市内では1日夜、カーニバルに参加できなくなったグループが集まり、酒などを飲む姿が見られた。2日朝のパレード用に用意した提灯を持っていた人もいた。

こうした集まりを避けるため、バーゼル・ラント準州の関係機関は一部地域のレストランやバーに対し、1日夜から2日朝の間の飲み物の提供を禁止した。

バーゼルのファスナハトは例年約1万2千人が参加し、数万人の観衆でにぎわう。2017年にはユネスコ(国連科学文化教育機関)の無形文化遺産に登録された。

スイスのカーニバル バーゼルのファスナハト、ユネスコ世界無形文化遺産に

スイス最大のカーニバル、バーゼルのファスナハトが7日、ユネスコ(国連科学文化教育機関)の無形文化遺産に登録された。スイスとしてはヴヴェイのワイン醸造フェスティバルに次ぐ2件目だ。


Keystone-SDA/sm

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。