ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

赤ちゃん命名トレンド スイスの赤ちゃん名付けランキング 「ノア」が3年連続首位

boy putting shoes on baby

名前は子供の人生や性格に影響すると考え、多大な時間をかけて命名する親が多い

(Keystone)

2017年にスイスで生まれた赤ちゃんの名前で最も人気があったのは、男の子はノア、女の子はエマだった。

 連邦統計局が20日に発表した赤ちゃんの名前トップ20によると、2017年に誕生した男の子の名前で最も多かったのはノアで、スイスで3年連続の1位となった。ノアは、米国、英国、カナダ、オーストラリアなど英語圏でも人気の名前。ただ、フランス、イタリア、ドイツ、オーストリアといったヨーロッパの国々ではトップ10圏外だった。

 ノアに続いて多かった男の子の名前は、ルカ、レオン、ガブリエル、ダヴィッド、エリアス、サムエル、マテオ、ベン。聖書に由来する名前が一般的だが、スイスでは子供にユダやカインと命名することはできない。すべての赤ちゃんの命名を承認するスイス当局は、子供の福祉を害する名前や第三者にとって攻撃的と思われる名前は許可していない。ブランド名や地名も禁止されている。

 女の子の名前は、エマがミアを抜いて1位に選ばれた。これはスイスの近隣国も同じで、ドイツ、フランス、オーストリア、イタリアでもトップ10にランクインした。エマという名前は、カナダや米国でも人気だ。

 スイスでは、ミアに続いてソフィア、リナ、レナが最も多い女の子の名前だった。レアは2017年、18位から6位に大きく上昇。他にはララ、エミリア、ニーナ、アナがトップ10に入った。

 全体的にみると、スイスの赤ちゃんの名前のトップ10に大きな変化はなかった。ただ、2008年以来、より短い名前を付ける傾向がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。