Navigation

アムネスティ、スイス警察を非難

アムネスティ・インターナショナルは、チューリッヒ・クローテン空港から不法滞在外国人を強制送還した際、拘束のために危険な手段を用いたとして、スイス警察を非難している。

このコンテンツは 2000/04/08 16:35

アムネスティ・インターナショナルは、チューリッヒ・クローテン空港から不法滞在外国人を強制送還した際、拘束のために危険な手段を用いたとして、スイス警察を非難している。

警察官3人と医師1人は、昨年パレスチナ人を窒息死させた容疑で取り調べ下にある。パレスチナ人カーレディ・アブ・ザリフェは、「飛行中、口に粘着テープを張られ、車椅子に縛り付けられていた。」と、アムネスティ・インターナショナルのネリス・リー氏は報告書に書いている。

また他の強制送還者らも、口に粘着テープを張られ、ヘルメットを被せられた上から粘着テープで縦横にグルグル巻きにされたため、顎が締め付けられて固定され、息ができなかったと証言している。多数の強制送還者が、食事も飲み物も与えられず、トイレにも行かせてもらえなかったとリー氏は報告する。

昨年8月チューリッヒ当局は、新しいヘルメットを使用するようになったため粘着テープの使用は中止したと述べた。が、アムネスティ・インターナショナルは、ヘルメットの顎キャップが顎の自由を奪っており、また、口の回りには呼吸用のチューブ差し込む小さい穴のあるプレートがあると解説し、ヘルメット強要そのものを非難している。

連邦警察当局は、アムネスティ・インターナショナルの告発に対して公式な対応はしていないが、強制送還者の拘束のための極端な手段は、かえって手に負えない、時には暴力的な態度を引き起こす原因になりかねないと、認めている。

1999年は、約6、500人の不法滞在外国人と難民施設希望者がチューリッヒ・クローテン空港から強制送還された。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。