Navigation

アルプスの環境を守ろう

アルプス・イニシアティブとDoctors for the Environmentは14日ベルンで記者会見を行い、スイス・アルプスの谷の大気汚染、騒音公害に関する報告書を発表、アルプスの環境保護を訴えた。

このコンテンツは 2002/05/15 14:35

「交通、環境、健康」と題した報告書を発表した両団体は、全国の谷で交通量の増大や住宅増加に伴う大気汚染、温暖化、騒音などによる環境破壊が進み、人体に害を及ぼす程になっていると報告した。過去50年間で谷の幹線道路の一般車輌通行量は7倍に増え、貨物車輌の通行量は9倍以上に増えた。報告書では騒音対策として、道路輸送から鉄道輸送への振り替え、厳しい騒音規制を課した無騒音地帯の設置などが提言された。また、大型車輌の通行は昼間に限定し夜間通行の禁止、鉄路の騒音対策として、列車にディスク(円板)ブレーキの適用を義務付け国外からの騒音の大きい車輌の運行を防ぐ措置も提言された。さらに、第2ゴットハート・トンネルの建設、トラフィック・フリー・サンデー(車の無い日曜日)などの提言も盛り込まれた。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。