Navigation

アルミニウム業界合併、条件付きで承認

欧州委員会は、アルグループ(スイス)とアルカン(カナダ)の合併を条件付きで承認した。

このコンテンツは 2000/03/16 14:49

欧州委員会は、アルグループ(スイス)とアルカン(カナダ)の合併を条件付きで承認した。

合併は当初、仏のペチニーを含む3社で計画されていた。が、3社合併に難色を示す欧州委員会の態度に、ペチニーが合併申請を撤回。欧州委員会は、市場の独占を防ぐためとし、いくつかの部門を売却する事を条件に、残る2社の合併を承認した。

ペチニーは、スイス・カナダの新規合弁企業に後から合併する形で、新たな合併申請をする計画だ。明白なアウトラインは発表していないが、3社の目指すものは3社合併で、実現のために必要な事をすると明言している。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。