Navigation

アンディ・フグ、急性白血病で急死

アンディ・フグ(36)が、急性白血病で東京都内の病院で急逝した(日本時間24日午後6時21分)。フグは先週木曜から都内の病院に入院していた。

このコンテンツは 2000/08/24 12:58

アンディ・フグ(36)が、急性白血病で東京都内の病院で急逝した(日本時間24日午後6時21分)。フグは先週木曜から都内の病院に入院していた。


病院側の発表によると、先週木曜入院以来治療を続けていた23日容態が急変、昏睡状態となったためイロナ夫人が東京に急行したが、24日午後6時21分(日本時間)死亡した。

フグは7月3日チューリッヒのハーレンスタディアムで、対マルコ・フィロポヴィッチ(クロアチア)のタイトル防衛を果たし現役引退、日本で芸能活動をしていた。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。