Navigation

イスラエル外相スイス訪問

イスラエルのダビド・レヴィ外相がスイスを公式訪問、アドルフ・オギ大統領、ユダヤ人グループらと会談する。スイス政府は、ここ数年ホロコースト犠牲者のスイス銀行休眠口座問題以来悪化した、両国の関係改善に期待を寄せている。

このコンテンツは 2000/03/14 15:33

イスラエルのダビド・レヴィ外相がスイスを公式訪問、アドルフ・オギ大統領、ユダヤ人グループらと会談する。スイス政府は、ここ数年ホロコースト犠牲者のスイス銀行休眠口座問題以来悪化した、両国の関係改善に期待を寄せている。

レヴィ外相との会談では、中東和平交渉も重要な課題となっている。中東和平交渉において、スイスは多国間交渉に関わる40カ国の一つでしかない。が、先月ジョセフ・ダイス外相の中東歴訪の際、スイスがイスラエル、シリア、米国の三者会談を主催する提案をした。提案に対する公式の解答は寄せられていないが、今回両外相の間で論議されよう。

イスラエルはまた、ダイス外相がシリア訪問の際、イスラエルのゴラン高原占領を違法行為とした発言について、議論したいと明言している。ダイス外相は、イスラエルに対し、1967年の6日間戦争で占領、その後シリア政府との和平取り引きでイスラエル領とした占領区域をシリアに返還するよう求めた。メイヤー駐ベルン・イスラエル大使は、ゴラン高原の一件は大変複雑であり、月曜の会談でレヴィ外相はその困難さを説明すると述べている。

今回のレヴィ外相訪瑞は、1998年5月に行われたコッティ外相(当時)のイスラエル訪問への返礼訪問だ。当時ベンジャミン・ネタニヤフ首相が同年11月にスイスを返礼訪問する予定だったが、国内の緊急問題のため土壇場でキャンセルされた。政治アナリストは、第2次大戦中のスイスの役割に対する攻撃を主導した人物に叙勲を決定したイスラエル議会に対して、スイス政府が不快感を表明した事が、キャンセルの原因となったと見ている。

また、1998年初めには、スイス在住のイスラム教徒闘士をスパイしようとしたイスラエルのシークレット・サービスが摘発された事件もあり、スイス・イスラエル関係は悪化していた。数人のモサド要員が逮捕され、今年保釈された一人がスイスで公判に付される。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。