チューリヒのモスクの発砲事件、イスラム過激派テロと関連ない模様

19日夕方、約80人がチューリヒ中心部のモスクに集まっていた Keystone

チューリヒ州警察によると、チューリヒのモスク(イスラム礼拝所)で19日に起きた発砲事件は、イスラム過激派テロとの関連は薄いという。

swissinfo.ch&agencies/JF/AU

20日、チューリヒ州警察は記者会見し、チューリヒのモスクで19日夕方に起きた発砲事件は、イスラム過激派テロとの関連は薄いとして「容疑者がイスラム国(IS)と関連していたという証拠は見つかっていない」、また、「発砲事件に過激なイスラム過激派テロの兆候はない」と述べた。

モスクで発砲事件が起きたのは19日午後5時半頃。24歳のスイス人が、モスクに押し入り発砲。3人のイスラム教信者が負傷した。容疑者はその後自殺したとされる。

警察は、犯行の動機は依然として不明だとしている。

発砲事件現場の場所

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する