オギ大統領、スイスの国際平和維持活動への積極的参加を強調

アドルフ・オギ大統領兼国防相は、モントルーで開かれたNATOパートナー国会議で、国際協力はスイスの国防方針の柱であるとし、国際平和維持活動へ積極的に参加していく方針を表明した。

このコンテンツは 2000/03/04 15:40

アドルフ・オギ大統領兼国防相は、モントルーで開かれたNATOパートナー国会議で、国際協力はスイスの国防方針の柱であるとし、国際平和維持活動へ積極的に参加していく方針を表明した。

スイス連邦議会、NATO, 各アドバイザリー団体によって、土曜まで開催されるNATOパートナー国会議で、オギ大統領は、孤立して安全を保障できる国はないとし、国際平和維持活動への協力の意義を確認した。そして、平和維持活動を効果的に行うために、スイス部隊にも自衛のための武器携帯を認めるべきだと、発言した。武装部隊の海外派遣は、スイス連邦憲法によって禁じられている。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する