ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

カルチャーショック スイスの祭り「牛追い」で6歳児が喫煙



牛が登場するのを一服しながら待つレモ(左)とクリスティアン

牛が登場するのを一服しながら待つレモ(左)とクリスティアン

(Keystone)

スイス東部のアッペンツェルでは、今月初旬に伝統的な秋の祭り「牛追い」が開催された。観客は、カラフルに装飾された牛たちに魅了されるどころか、子供たちが合法的に喫煙する姿を見て仰天した。

 「アッペンツェルでは伝統行事の『フンケンゾンターク』と『牛追いの日』に子供の喫煙が認められている」とアッペンツェル・インナーローデン準州観光協会他のサイトへのロザリア・ケラーさんは言う。



「ライター持ってる?」。アッペンツェルの牛追いに参加する(左から)レア、ザブリーナ、マルコ、パトリック

「ライター持ってる?」。アッペンツェルの牛追いに参加する(左から)レア、ザブリーナ、マルコ、パトリック

(Keystone)

 伝統の由来についてケラーさんは知らないが、これが今の禁煙化が進む世の中と矛盾していることは認めている。

 隣のアッペンツェル・アウサーローデン準州でも未成年の喫煙は許容されている。農夫のマックス・フューラーさん(61)は現在非喫煙者だが、子供の頃、牛追いの時期に喫煙した経験がある。「子供は煙を口に含んで吐くだけで、肺の中には取り込んでいない。たばこを『正しく』吸えないのだ」

 別の農夫、アルベルト・フェッスラーさんもこの伝統の下で育った。「観光客は皆驚くが、我々にとっては『普通』のこと。6歳の子供ですらたばこを吸っている。当時は『シュトゥンペン』(自家製葉巻の一種)を吸っていたが、たいていの場合気分が悪くなった」(フェッスラーさん)



牛追いでの1コマ。マルコと兄のトーマス

牛追いでの1コマ。マルコと兄のトーマス

(Keystone)

健康へのリスク

 アッペンツェル・インナーローデン準州は伝統色が非常に強い地域だ。例えば、同準州ではスイス連邦裁判所が介入した1991年まで、女性参政権が認められていなかった。

 しかし、地元の保健所は「(特定の日に子供が喫煙する)伝統が広く許容されているようだが、我々は断固反対する」と、未成年の喫煙に反対の立場を示している。

レディーのハートをわしづかみ?

(Keystone)

 呼吸器疾患の患者を支援するNPOのスイス肺連盟他のサイトへもこの伝統に難色を示している。「喫煙は健康を害する。とりわけ、成長段階にある子供の喫煙は肺の成長を妨げる危険性がある」と同連盟のバーバラ・ヴェーバー広報担当は指摘。また、「たばこを試しに吸った人のうち、3分の1は依存する傾向にあり、喫煙を始めた年齢が早ければ早いほど、禁煙は難しくなる」と付け加える。

読者の反応

 牛追いでの子供の喫煙を無料日刊紙20Min.が記事で取り上げたところ、驚くことに、同紙に寄せられた読者の反応は寛容的だった。

 読者のケヴィンさんは以下のコメントを残している。「新鮮な空気がほぼない環境で育ち、毎日のようにパソコンの前で過ごす街の子供たちと比べて、アッペンツェルに住んでいる農家の子供たちは100倍も健康ではないだろうか。だから年に一度の喫煙の害は許容範囲だと思う」。他の読者も街の排気ガスと粉じんを指摘し、彼の意見に賛同する。

 またサンディーさんは、同様の伝統が彼女の村にもあると言う。「この慣習のもとで育った大人が『(子供の時にたばこを吸って)気分が悪くなった経験から、その後喫煙者にならなかった』と言っているのをよく耳にする。禁じられているからこそ興味をそそられるものも、こうして魅力を失っていくものだ」

 トゥールガウ州ヴァインフェルデン在住の読者(75)は、子供の頃に最年少で参加した伝統的な秋の行事「レーベヒルビ」を思い返す。「蕪(かぶ)をくり抜き、ろうそくを中に入れて作った提灯(ちょうちん)を片手に、7歳前後の子供が先生の付き添いのもと夜道を行進する。もう片方の手には火がついたたばこを持っていた。それでよく指をやけどしていたこともあり、つらかったけれども、皆誇らしげだった」

フンケンゾンターク(Funkensonntag

冬に別れを告げるための伝統的な行事。ファスナハト(カーニバル)4週目の日曜日に行われる。巨大な焚き火の頂点に、「フンケバーベ」(Funkebaabe)と呼ばれる、花火が詰められた人形が置かれる。冬に見立てられたこの人形が、終わりを象徴する火で燃やされることで、冬が終わる。


(独語からの翻訳・編集 説田英香), swissinfo.ch


リンク

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×