スイスでフェデラーを馬鹿にするとこうなる

今月、テニスのウィンブルドン選手権でまさかの逆転負けを喫したロジャー・フェデラー。それでもスイス人にとっては世界に誇るスーパースターだ。そのスターをスイスで馬鹿にすると、とんでもないことが起きる。(SRF/swissinfo.ch)

SRF

バーゼル出身のフェデラーは36歳を迎えてもなお世界トップランクに君臨。卓越したプレーセンス、前人未到の記録の数々、おまけにスキャンダル知らずと、まさに非の打ち所がない選手だ。そんなフェデラーを小ばかにした一人の男に降りかかる恐ろしい災難とはー。

※この映像はスイス公共放送協会(SRF)が製作したコメディーです。

ファンを大事にすることでも知られるフェデラー。2日の試合終了後、フェデラーがファンのサインの求めに応じる中、一人の女の子が「ロジャー、あなたのヘアバンドを下さい!」という黄色いプラカードを掲げて懸命にアピール。それに気づいたフェデラーは、バッグの中をごそごそと探り、女の子に白いヘアバンドを手渡した。

またフェデラーはこの試合前、いつものナイキではなく、新スポンサーのユニクロのウェアを着て登場し、話題をさらった。

(映像・SRF、文・宇田薫)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する