Navigation

クレディ・スイス黒字

アナリストの予想を上回る純利益を計上したクレディ・スイス Keystone

スイス金融大手のクレディ・スイス( Credit Suisse ) が7月23日、第2四半期で15億7000万フラン ( 約1390億円 ) の純利益を計上し、前年比29%の増加を記録したと発表した。

このコンテンツは 2009/07/23 11:10

合わせて発表された上半期の結果も、35億7000万フラン ( 約3155億円 ) の黒字を計上した。ただ、昨年は82億フラン( 約7250億円 ) の記録的な損失を計上していた。

リスク削減ビジネスモデル

アナリストは、今回の発表を下回る純利益14億フラン ( 約1237億円 ) を予想していたが、最高経営責任者 ( CEO ) 、ブレディ・デューガン氏はこの好成績を、
「第2四半期の素晴らしい結果は、顧客を中心に据えた資産の効率的運用の施策が功を奏したからだ。またリスク削減ビジネスモデルが、継続的で安定した質の高いマネージメントを実践することに寄与したからだ」
と語った。

さらに、
「グローバルな経済環境がチャレンジを継続していくよう期待している。しかし、もし市場が回復し続ければ、クレディ・スイスの営業活動にさらに弾みがつくだろう。また、たとえ景気回復が鈍くとも、わたしたちのビジネスは好調であり続けると今は確信している」
と続けた。

クレディ・スイスの第2四半期の好成績は、特に投資銀行部門が好調だったことが挙げられている。一方、アメリカとの税制問題で困難な立場に置かれているUBS銀行は、クレディ・スイスとは対照的に第2四半期でも赤字を計上した。

swissinfo.ch、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。