クレディ・スイス500人削減

クレディ・スイスグループ(チューリッヒ). Credit Suisse Group

クレディ・スイス・グループは、プライベートバンキング部門再編の最終段階として、クレディ・スイス・ファイナンシャルサービスの従業員500人削減を決定した。

このコンテンツは 2002/06/13 06:38

昨年700人から800人の削減を発表したクレディ・スイスは、新たな500人削減をリテールバンキング部門とプライベートバンキング部門を傘下におさめたクレディ・スイス・ファインナンシャルサービスの再編成の最終段階と説明しており、リテールバンキングと利鞘の大きいプライベートバンキングの明確な線引きを目的とする。

世界的にプライベートバンキング部門では競争が激化する傾向にある。リテールバンキングからの利益の涸渇に伴い、大金持ちの顧客の資産管理をする「エリート中のエリート・セクター」プライベートバンキング部門にクレディ・スイスやUBSなど大手行が参入、老舗プライベートバンクと激しい顧客争奪戦を繰り広げる。今月初め、スイス最古参のプライベートバンク、Lombard OdierとDaridr Hentsch(共にジュネーブ)が合併を発表したばかりだ。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する