Navigation

コソボ難民の送還計画見直しを

難民援助組織は、コソボ難民に対する送還計画を見直すよう政府に要請した。政府は、難民たちが6月までにスイスを出なければ強制送還すると決定している。

このコンテンツは 2000/03/16 14:53

難民援助組織は、コソボ難民に対する送還計画を見直すよう政府に要請した。政府は、難民たちが6月までにスイスを出なければ強制送還すると決定している。

難民問題評議会は、本国送還プログラムは現実的でなく、最終期限を遅らせるよう政府に要請した。難民問題評議会は、政府が本気で30、000人のコソボ難民が5月末までに自発的に帰還すると思っているなら、ふざけた話だと批判する。コソボの状況はいまだに危険で、ジプシー等少数民族や老人・病人を抱える家族は6月以降もスイス残留を許可するべきだと言う。

コソバからは、昨年の内戦で約50、000人の難民がスイスに流入し、約20、000人がコソボに帰った。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。