Navigation

コンピューター・ナビゲーションで腎臓移植手術に成功

ローザンヌ大学病院で28日、世界初のコンピューター画像ナビゲーションによる腎臓摘出手術に成功した。

このコンテンツは 2001/05/28 16:05

ローザンヌ大学病院では、外科手術ナビゲーション技術の2C3Cメディカル社(ローザンヌ)が開発した最新技術を利用し、生きている提供者からの腎臓摘出手術に成功した。同大学病院のビンセント・ベッチャート外科医師によると、執刀医らはエンドスコープを用いて体内の臓器を見ることができる。患者の立体モデル上にエンドスコピックイメージが投影され、手術の進行状況がそのまま映し出されるため、医師らは体内を見ながら手術をしているのとほぼ同じだ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?