ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ゴミを識別するシステム クリーン・シティー・インデックスの仕組み

スイスのベンチャー企業Cortexia他のサイトへが提供するこのビデオでは、クリーン・シティー・インデックスが一人称視点を用いた遠隔操縦でどのように作動しているかがわかる。

清掃車やオートバイ等の低速走行車に設置されたビデオカメラは、地面に落ちているゴミのキャプチャー画像を1秒間に2枚撮影する。

ビデオカメラはパソコンに接続されており、送られてきた画像をアルゴリズムが処理してゴミを認識・カウント。40種類のカテゴリーに分類する。

清掃当局が清掃の計画を立てやすいように、これら40種類のカテゴリーは13種類のゴミに大別される。

例えば、パソコンのソフトが「ハンバーガーの箱」と「ティッシュペーパー」と認識した2種類のゴミは、ユーザーアプリでは両方とも「紙」という1種類のゴミに統合される。

(英語からの翻訳・シュミット一恵)

Cortexia SA

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。