ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

サッカー・スキャンダル FIFA スイス当局に1300ページの内部調査報告書を提出



サッカーに焦点を当てたいとするFIFAのジャンニ・インファンティノ会長

サッカーに焦点を当てたいとするFIFAのジャンニ・インファンティノ会長

(Keystone)

国際サッカー連盟(FIFA)は31日、複数の幹部が関与した汚職事件に関する報告書をスイスの検察当局に提出し、22カ月に及んだ内部調査を終了した。

 FIFAは声明で、内部調査で250万以上の書類を精査し、2万ページ以上の証拠書類を添え、1300ページの報告書をスイス当局に提出したと発表した。

 汚職スキャンダルで辞任に追い込まれたゼップ・ブラッター氏の後任として選出されたジャンニ・インファンティノ会長は、「FIFAは、世界中のファンと選手たちのために、今後はサッカーに焦点を戻す」と述べた。


agencies/ts & swissinfo.ch/AU, swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×