ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ジュネーブに「飾り窓」登場

オランダ発祥の「飾り窓」方式とは、娼婦(夫)らが店の窓で自分達を陳列するシステムだ。それが、ジュネーブにも登場した。ジュネーブの娼婦達は、真冬の路上でビジネスを獲得しないですむようになりそうだ。

オランダ発祥の「飾り窓」方式とは、娼婦(夫)らが店の窓で自分達を陳列するシステムだ。それが、ジュネーブにも登場した。ジュネーブの娼婦達は、真冬の路上でビジネスを獲得しないですむようになりそうだ。

ジュネーブの飾り窓は、通りに面していない。これは、ジュネーブでは違法だ。が、路上での客引きは合法だ。飾り窓は、ジュネーブ中央駅とレマン湖から徒歩5分のPaquisディストリクトにある。客は、飾り窓センターに入場し、廊下を奥へと進むと個室の女性達を閲覧できるシステムになっている。各個室には、ベッド、椅子、テレビがある。

飾り窓センターの経営者、エリック・ベゲリンさんとジェローム・リッターさんは、飾り窓のコンセプトは娼婦、客双方に歓迎されるだろうと次のように語る。「室内の女性達は、寒さから解放された。また、路上で人々からの侮辱の言葉や攻撃に曝されずにすむ。私達は、ここを居心地の良い清潔な場所にするため、あらゆる配慮と努力をする。」。シーツやタオルは1日数回取り替え、娼婦達にはシャワーを義務付け避妊具を供給する。

ベゲリンさんとリッターさんはセンターの経営をするのみで、ここで働く女性達やエージェントはセンター所属ではない。2人は個室を1週間500スイスフラン(295ドル)で貸すが、ここでのビジネスの値段は娼婦およびエージェントが決める。娼婦およびエージェントは全員スイス人または永住ビザの保有者だ。今の所、15人がセンターを利用した。

ベゲリンさんは、今まで寄せられた唯一の苦情は、路上で客引きをしている娼婦達からだという。「何も違法行為をしていないので、当局は何も言わない。また、この付近の住民達は、むしろ娼婦達が目立たなくなったと歓迎している。半裸体の女性達が路上で客引きをしているのは、見ていて良いものではない。」

ベゲリンさんは、ローザンヌ、チューリッヒ、ベルンでもセンターをオープンする計画だ。「10年前このビジネスを始めた時、人々はセックスに対してまだまだ内向的だった。が、今はかなりオープンになり、この種のビジネスの需用が増えてきた。」というが、観光客も客の多くを占めている。「他の人も、そのうち我々の方式を模倣するだろう。そうしたら、向こう10年間で、ジュイネーブはアムステルダムのように娼婦の街として有名になるだろう。」とベゲリンさんは語った。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×