Navigation

ジュネーブ当局、エルフ疑惑で2人逮捕

2月2日フィリピンで逮捕当時のアルフレード・シルヴァン容疑者 Keystone Archive

仏石油企業エルフ社の不正疑惑を調査しているジュネーブ州司法当局は、エルフ社ナンバー2だったアルフレッド・シルヴァン容疑者の資金洗浄幇助でジュネーブの2人の金融業者を逮捕した。

このコンテンツは 2001/05/16 14:33

パウル・ペローディン・ジュネーブ州判事は、すでに逮捕されている1人を含む3人が1996年と97年、シルヴァン容疑者が4、200万スイスフランをリヒテンシュタインの銀行からスイスの銀行に車で移すのを手伝ったとして起訴、これまでに1、200万スイスフランを押収した。

今年2月、4年間の逃亡衰�後フィリピンで逮捕されフランスに送還されたシルヴァン容疑者は、89年から93年までのミッテラン政権時代、当時国営企業だったエルフ社のナンバー2の地位にあり、同社から巨額の資金をミッテラン政権の外交裏工作資金などに流用していた容疑で、仏で審理中だ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。