Navigation

スイスのスキー場、早くもにぎわう

スイスの山岳地帯にはおよそ650の輸送機関がある Keystone

今シーズンのスキー場の滑り出しは好調だ。先週末、スイスのスキー場の半数以上が例年より早くオープンした。

このコンテンツは 2007/11/19 11:10

比較的標高の低いチューリヒ市近辺のスキー場でも、快晴の空の下、大勢の人々がウインタースポーツを楽しんだ。

アクシデントも…

まだ11月中旬を迎えたばかりだが、積雪が1メートルを超すゲレンデはもうすでにいくつかある。連邦森林降雪国土研究所 ( WSL ) によると、現在の積雪量は記録的だという。

昨年は暖冬でさんざんだったため、スキーリフトの運営会社は今年、人口雪を降らせるスノーマシンに840万フラン ( 約8億3000万円 ) を投資した。今シーズン、果たしてこのマシンに出番はくるのだろうか。

これとは逆に、シーズン到来早々に出動することになったのがレスキューヘリコプターだ。18日日曜日、ベルナーオーバーラントのグリンデルワルトで突然チェアリフトが停止し、1時間半かけておよそ150人の来訪客の救助に当たった。


swissinfo、外電

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?