Navigation

Skiplink navigation

家が1軒買える!?スイス製高級時計

スイス北西部のラ・ショー・ド・フォンに本社を置く時計メーカー、グルーベル・フォルセイは最高級の腕時計に特化している。共同創業者のスティーヴン・フォルセイ氏はフランス語圏のスイス公共テレビ(RTS)のインタビューで、超精巧な時計の製造工程を公開した。(RTS/swissinfo.ch)

このコンテンツは 2018/12/25 06:00

一般的な腕時計の内部に組み込まれた複数の歯車とゼンマイは、時計が高額になる一因だ。グレーベル・フォルセイ社では100人超の従業員が働き、その大半が手作業による組み立て部門に属する。この細部へのこだわりも当然価格にのしかかる。2015年発売の「トゥールビヨン24セカンズ ビジョン」は初めて30万フラン(約3400万円)以下で売り出された。今回特集されたモデルは100万フランを超える。

ロバート・グルーベル氏とスティーヴン・フォルセイ氏によるブランド、グレーベル・フォルセイが初登場したのは2004年のバーゼル国際時計見本市。何年もかけて開発した最初のモデル「ダブルトゥールビヨン30°」をお披露目した。11年には「トゥールビヨンテクニック」がル・ロックル時計博物館の開いた国際時計コンテストで優勝した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する