Navigation

スイスの外食産業、食物検査不合格続出

驚くべき数のスイス国内のレストランが昨年の食物検査に不合格、外食は健康を損なう危険があるとの問題を引き起こしている。

このコンテンツは 2000/01/26 16:55

驚くべき数のスイス国内のレストランが昨年の食物検査に不合格、外食は健康を損なう危険があるとの問題を引き起こしている。

統計によれば、ベルンのレストランの二つに一つは検査規格に不合格。チューリッヒは少しましだが三つに一つは不合格で、9軒のレストランは検査の結果営業停止処分となった。また、ソロトーンでは40%のフライ用鍋が不潔であると判明した。さらに、多くのレストランの調理場では、鼠、ゴキブリ、賞味期限切れの食材が発見された。

検査の結果、80%のレストランが何かの規格に不合格となったが、即時営業停止になるほど悪質なものは1ー2%であったと、ベルンのレストラン検査チームのエルハルド・ウォルター医師は言う。

検査規格は、従来の食材の品質と清潔さを最優先に、食材の保存状況(気温等)、産地やアルコール含有率の表示等に加え、食材の保存、準備、洗浄手順の記録の義務などの新規制が課せられた。

今後検査の最終段階として、食物のサンプルからバクテリア、化学物質などが検出されるかどうかを分析する。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。