Navigation

スイスの情報機関をより専門的に

アドルフ・オギ国防相が設置した特別委員会の長官、前内務省長官のエドガード・ブルナーは、新聞紙上のインタビューで、スイスの情報局は、非常勤の協力者ではなく、専門職員によるプロフェッショナルなものに改善されなければならないと、語った。

このコンテンツは 2000/02/15 15:07

アドルフ・オギ国防相が設置した特別委員会の長官、前内務省長官のエドガード・ブルナーは、新聞紙上のインタビューで、スイスの情報局は、非常勤の協力者ではなく、専門職員によるプロフェッショナルなものに改善されなければならないと、語った。ブルナー氏のコメントは、先に非常勤の情報局協力者として、官・民の何人かの名前が新聞紙上で発表された事を受けての発言と、見られる。

また、ブルナー長官は、国際協力無しではテロやマネー・ロンダリングに対抗できないと、明言した。

オギ国防相は、昨年9月、情報部門を巻き込んだ大規模な国防省詐欺事件、ベラシ事件の後、特別委員会を設置した。国防相は委員会に、情報局管理と政府との関係についての徹底的な再調査を命じた。12月に発表された連邦議会の報告によれば、ベラシ事件によってスイス軍情報機関に与えられた最大のダメージは、スイス国内および外国情報機関における信頼の喪失だと、される。しかし、他国も同様の事件を経験しており、スイスの国自体のイメージを傷つけられたわけではないと、している。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。